パッケージの製造にはその魅力を伝えるデザインが重要です

オリジナルの化粧箱を作成しようという際には、様々な要素を考えていかなくてはいけません。例えば、、、・保護性・強度・形状 等々です。

そして、パッケージに必要な要素の中の1つには、もちろん『デザイン』も含まれます。
では、どんなデザインが必要なのでしょうか?

『デザイン』なのですから、パッと目を引く美粧性を求められるのは言うまでもありませんが、もっと重要なことがあります。

箱・パッケージに必要なデザイン なかでも重要なのは?

例えば①
かなり前の話になりますが、ティッシュの箱にウサギの写真をでっかくバーンと載せた(=パッと見た目、ウサギの顔だけしか見えないようなパッケージデザインにした)ところ・・・・・
なんと、売上が3年で3倍になったそうです。

これは “ウサギ” で “ふわふわしたイメージ”を表現することにより、『このティッシュはやわらかくて鼻にやさしい』というメッセージを上手に伝えられたからにほかなりません。

例えば②
よくご存じなところで言うと・・・『わかさ生活のブルーベリーアイ』!
この名前を聞くだけですでに、おなじみのCMソングが頭の中で流れてきますよね?

で、
この『ブルベリーアイ』皆さん目に良いと思ってらっしゃると思いますが、実は、一言たりとも“目に良い”とか“目に効く”とか一切言ってませんし、どこにも書いてません。
そもそも、そういうことをうたってはいけないですしね。しかしながら、イメージで強烈な印象を与えているのですね。

このように、デザインでは目立つだけではなく、『何を伝えたいか?』が大切であり、またそれを『どう伝えるか?』が大事です。

パッケージデザインで商品の魅力を伝える箱を作るには?

まず、パッケージデザインをするにあたっての『コンセプト』が必要です。『コンセプト』意味を調べると『基本的な概念』となっています。
せっかくオリジナルで化粧箱を作成するのであれば、独自(オリジナル)性を強調する1つのコンセプトで統一されたデザインにするべきです。
このコンセプトがないデザインというのは
・見た目キレイでも、よく分からない化粧箱(=デザイン)
・ハデハデしいけど、うるさいだけの化粧箱(=デザイン)
になりがちです。

そして、一番おちいりやすい間違いが、『言いたいことがいっぱいある』です。
もちろん、皆さん、やっとの想いで作り上げた商品には、ひとかたならぬ想い入れもあるでしょう。そして、色々な良い面があることも事実でしょう。
しかしながら、全てを包材の中で伝えようとすると文字が小さくなったり、何が良いのか分からなくなったり、まとまりのないデザインになったりと、結局何を言いたいのか分からないデザイン(何も伝わらない包材)になってしまいます。

ので、デザインする際は・・・商品の一番良いところ・一番伝えたいところ・オリジナル性に優れたところをフォーカスしてデザインして下さい。
簡単に言えばキャッチコピーのようなものです。それが文言ではなく、画像でも構いません。

実際に『売れる』箱・パッケージのデザインとは?

ある程度、業界によって方向性はあると思われます。

食品業界なら、ズバリ “現物そのもの” が多いことが分かります。
それをいかにおいしそうに表現するか?
そのほとんどが、現物写真画像であり、その写真撮影・加工技術を上げていくかに注力されてきた歴史があります。
おいしそうなデザインの化粧箱なら、ついつい手が伸びてしまいますよね。

化粧品業界なら、イメージ重視ですね。
色合いであったり、商品名自体であったり、またその商品名の書体(もっと言うとロゴ化)であったり、抽象的なデザインで、『美』を訴求しています。
化粧箱にブランドロゴをデザインしているのは、ブランドロゴ自体に『美』等々のイメージ戦略がありますよね。
(『〇〇社の●●ブランドなら間違いない』というような)

そういった業界なりのデザインは踏襲して構わないですし、逆に踏襲した方がいいと思います。(奇想天外・奇抜なデザインは、大ヒットする可能性を秘めているかもしれませんが、その多くは失敗します。)

ただ、どの業界でも共通して言えることは、先程も言いましたように『一目でイメージできる化粧箱にすること!』です。
正確にいうと『伝えたい内容が、一目見てもらうだけでイメージしてもらうことが出来るデザインにすること』です。

余談ですが・・・・・ある会社に属するデザイナーさんが、毎日毎日夜遅くまで何日もかけて作成したデザインを上司(or社長)に一瞬で却下された!なんていう話も聞きますが、ある意味、まっとうなことであり、これはこれで有りなんですね。一目で分からなければ意味がないのですから。

そこで、今回はこのデザインについて紹介していきたいと思います。

ユニークで売れるパッケージを製造するために

ユニークで売れるパッケージを製造するために

世の中に溢れるほどあるパッケージ=箱や袋などの包材。
身近な品々、諸々の売り場にTV・ネットの画面の中と、私達が目にしない日などまずないと言っても過言ではありません。
そのうえロングセラーの商品のパッケージなど、品名を耳にするだけでどんなパッケージなのかわかるユニークなモノが幾つもあるのではないでしょうか。
斯く言う私にもそんな品が幾つもありますし、それどころかCMで使われていた音楽やコピーを聞いたり、食品ならばその味だけで思い浮かぶような品も沢山あったりします。

パッケージが思い浮かぶ=パッケージデザインが思い浮かぶ、ということです。
そして、パッケージデザインとは時にはその商品の売れ行きや人気をも左右してしまう大切なものであることは言うまでもありません。
必ずしも、『コレが正解!』というものがあるわけではありませんが商品の売り手・作り手としては「より良いデザインをより安く製造したい」とは誰しもが考えるのではないでしょうか。

ここでは、そうしたパッケージのデザインについて、あれこれとよもやま話的に触れさせていただきます。

現在売れるパッケージデザインの作成を考えているアナタや、見直しを図ろうとしているアナタのとって少しでもお役に立てたらなと思います。

パッケージデザインって何?

まずは「パッケージデザイン」とは何かということについて。
その言葉を耳にして、多くの方が最初にパッと思い浮かべるのは、色使いや絵柄、ロゴマークなどのいわゆる印刷の部分なのではないでしょうか?
実際には、少し視点を大きく見てみますとパッケージデザインとは印刷だけではなく、形状や紙・生地の種類や表面加工等々、様々な要素を含んでいることに気付かれるかと思われますが、それら要素の集合体が「パッケージデザイン」なのです。

プラスして、封緘シールや包装紙なども含めて「トータルパッケージ」とする捉え方もありますが、広くなりすぎますので今回その辺りは抜いた話となっております。

パッケージデザイン 作成するには?

さて、ではそのデザインは誰がどのようにして作られているのでしょうか?
自分で作れないときに誰に頼めばよいのでしょうか?

幾つもの要素があり、更にその運用としてはコスト・スケジュールなども考慮せねばばなりません。そのために必要な知識となると非常に多岐に渡り、誰でも気軽に自分一人で作れますとは到底言えません。

形状であれば型データ、印刷であれば印刷用データなどが必要で、それらを用意するためには各々に合う環境(設備)も必要です。
では全て揃っていなくてはパッケージはデザイン出来ないのでしょうか。勿論そのようなことはありません、むしろ揃っている方が珍しいと言えます。
余程その道に精通している場合を除けば、まず以て何処かへ依頼して作成する事になるでしょう。

その際に大切なのは、どのくらいのイメージがあり、どの部分を依頼するのかという事になってきます。度合いによって依頼先も変わってきたり、コストにも変化が出て来たりもするわけです。
例えば中身の商品だけがあり、その先は全ておまかせとなればマーケティング会社や広告会社へ一任してしまうのも良いでしょうし、逆に形状など全てイメージ固まっていてデータの作成だけであれば印刷会社へ依頼した方が効率的な場合も多いと思われます。

また、形状の具体的なサンプルであったり、使用する写真やロゴなどのデザイン素材のデータであったりの用意があるかでも時間・費用に違いが出てくる場合も多いのでおさえておくと良いかと。

パッケージデザイン まずは売り場を見に行こう!

あくまで私見ではありますが、初めてパッケージを作ろうという方などへのオススメは、まずは沢山の事例を知ること・見ること、すなわち売り場へ足を運ぶという事です。
パッケージデザインに手慣れた方でもされているという話も聞きますし、私自身も今も時折おこなっております。
仕事柄でしょうか、プライベートの買い物でもパッケージを気にしがちではありますが。
画面や写真の中で見るのも良いでしょう。ですが実際に目にする・手に取る方が、より判りやすく、よりイメージを掴み易いかと思われます。アナタが作ろうとしているパッケージのイメージもより具体的な形で浮かび易くなるはずです。

中でも箔押し・浮き上げであったり、UVクリアや疑似エンボス加工といった触感に訴えるデザインや、ハウス型化粧箱などの形状からくるデザインについては非常に効果的に実感できるかと思われます。

そうして自身の中に取り込んだ様々な実例・知識を基に、新たにアナタのイメージを創り出し、それをもって、デザインの細かい部分や工夫など含めデザイン作成を依頼されてはいかがでしょうか。

パッケージの製造においてデザインをどこに依頼するかの評価

パッケージの製造においてデザインをどこに依頼するかの評価

ここからはパッケージイラストのデザインの作成は何処へどのようにすればよいのか、その際には製造においてどこに注意すればよいのかなどの評価をしていきたいと思います。

まずは依頼する先を大まかに決めましょう

パッケージデザインを作成するにあたって、現段階でどのくらいのイメージがあり、どの部分を依頼するのかによって「どこ」は変わってきます。これは同時にアナタがどのくらいの手間暇・コストをかけられるのか、にもよってくるところです。

前回も少し触れましたが、例えば中身の商品だけが決まっていてその先は全て任せてしまいたい(時間が取れない、自身の手間はかけたくない等)のでしたら、そこから先を一任し、アナタは出来上がってくるのを待ってそこから決めるのも良いでしょう。その場合にはキャッチコピーや販路の拡充、効果的なイベントまで依頼できる広告代理店やマーケティング会社が挙げられます。
費用は高くなるでじょうが得られる結果も大きなものになる可能性は高まります。

反対に形状や印刷などのイメージは全て固まっていて、あとはそれを製造会社に入稿するためのデータにする部分だけを求めているのならば、その場合にはデザイン会社に依頼するのすら勿体ないかも知れません。
パッケージの製造を依頼する印刷会社へ依頼するか、データに起こす技術と環境を備えている知り合いを頼って費用を抑える方向を模索することをオススメします。

その中間、ある程度のイメージはあるが確たるものではなく、且つパッケージデザインだけを求めているのであればデザイン事務所へ依頼するのが妥当でしょうか。
餅は餅屋、とでも言えば良いのでしょうか。
ただしその場合にも、一度は印刷会社にも問い合わせてみた方がよいでしょう。デザイン部署を持つ印刷会社もありますし、パッケージデザインを得意とするデザイン事務所・デザイナーを紹介している印刷会社もあり、具体的に探す手間を省くことや確実性の高い依頼先を知ることが出来るかもしれません。

もちろん、アナタ自身がパッケージデザインをし、データも作成するというのもありですが、そのためには必要な知識と環境(設備)を有している事が条件となりますので、これから新たにとなるとハードルは高くなります。
とは言え、手間は掛かっても費用については先々も見据えるなら最も抑えられる可能性も強く、選択肢の一つではあります。
今回はそのための具体的な方法を紹介していく内容でありませんが、いずれ機会あればその内容で書かせていただけたらと思います。

依頼先の選定はどうすれば良いか

先に挙げたのは大まかなところ、ではそれが決まったら次は?となります。
例えばデザイン事務所と言っても、とても沢山のデザイン事務所が存在するわけで。
インターネットが普及して、現在ではまずは検索して候補を選出するというのが近道だと言えるでしょう。「パッケージ」「デザイン」「化粧箱」「●●(県名など)」のキーワードを入力してホームページを見てみて何ヶ所かに絞っていく方法です。

余談ですが、聞くところによりますと近年ではインターネット上でデザインのコンペをお願いし、こちらの要望に沿ったデザインを比較的抑えた費用で求めることが可能なサイトなどもあるそうです。
なんでも要望を伝えた後に幾つか上がってきたデザインの中から選び、選んだデザインに対してのみ費用を支払えば良いのだとか。私は依頼したこともなく詳細は知りませんが、お客様からそのようなお話も耳にしております。

さて絞り込みが終わったら、実際に問い合わせてみてアナタの要望に沿えるところなのか確認した上で相談し、まずは説明や見積を依頼するのが良いでしょう。幾つかを比較検討して決定する方が間違いはないかと思われます。

その際にコツというほどではありませんがまずは一つ確認しておく事をオススメします。
それは、パッケージデザインは得意か、これまでに実績(履歴)はあるのか、ということです。
広告代理店でもデザイン事務所でも、そして印刷会社でも得手不得手があります。
その分ある分野に特化していたりもしますので、決して悪いわけではありませんが、アナタが初めて依頼するのであればパッケージデザインが得意であったり、そこに特化したりという方が望む結果を得易いのは言うまでもありません。
可能であればこれまでの実績(履歴)から見せて貰えるものがあれば、実際に幾つか見せて貰うのが良いでしょう。

敢えてこれまでパッケージデザインはあまり扱ってこなかったところへ、というのも新しい可能性を拓くためのチャレンジではありますが、初めての方にオススメは出来かねます。

困ったときは、ケイパックに相談を!

日頃より当社へも、「ホームページを見たのですが」とのお問い合わせをいただきます。
当社は化粧箱などを中心としたパッケージ会社ですので、デザインについてのご相談なども、どの段階からでも承っております。

例えば「中身の商品の開発からお任せしたい!」などのご相談には少し(笑)困ってしまうかも知れませんが、皆様のお役に立てるよう社員一丸となってご協力させていただく所存ですので、物は試しで構いませんのでお問い合わせいただければと思います。

アナタの望むところのその先を超え、更なるご提案をさせていただければとの意欲を持ってご相談お待ち申し上げておりますので、遠慮なくお問い合わせください。

パッケージの営業で、ある化粧品の箱の見積もり依頼において

パッケージの営業で、ある化粧品の箱の見積もり依頼において

パッケージを作るにあたっての大事な要素の一つとしてパッケージのデザインがあることは既に紹介したとおりです。

極端な話、商品の中身は従来品とほとんど同じでもそのデザインによってより良く売れたりあるいは逆に売れなかったりするほど商品の売り上げに寄与したりすることすらあります。

アニメのキャラ等をお菓子のパッケージに印刷したりだとかはまさしくその類の効果を狙ったものと言えると思います。

先日あるお客様から化粧品のパッケージ作成のお声掛けをいただいたときも、早速お伺いし、はじめにお話しをお聞いたときには、現状使われている箱と同じ物を作成した場合の御依頼でしたが現状の箱ならば、今依頼されている業者さんがありますよね。
版や木型代などイニシャルコストを考慮すると切り替えにメリットがあるのでしょうか?
と問い掛けに対しもう、10年以上も見直しをしていないので、見直しをしていきたいとのことでしたので、現行品のサンプルケースをお借りし、御見積をさせていただくことになりました。

そんな中で、今回の見直しに際し、デザインを変更したいとのことをお聞きしました。
デザインを一新される理由として、ある商品に貼ってある商品ラベルのデザインを変更したところ、その商品の売り上げがかなり伸びたそうです。
商品自体の中身や、商品の容器は変更はなかったそうです。
新旧のラベルを見せていただきましたが、デザインのイメージは一新されており、高級感あるものに変わっておりました。
それを受けて、パッケージもデザインを変更していきたいとのことでした。

このようにパッケージのデザインというものは大事な要素であるため、当然ながら最大限良いデザインを追及されるでしょう。
しかし良いデザインを自作できるセンスと実力のある方ならまだしも大抵はその道のプロの方へと依頼することになるかと思われます。

では今回はそのようにデザインを作製されてから、印刷に入るにあたって、追加の編集料金がかかってしまう案件をいくつかご紹介してみたいと思います。

パッケージデザインの追加の編集料金がかかる案件①

商品が決まり、パッケージの大きさもデザインも決まり諸々の費用も無事に決定し、いざ色校正を行おうとしお客様よりいただいたデータを見てみると特色2色にて作製されているはずのデータがR4Cの掛け合わせで作られている。

簡単に修正できる範囲(大雑把な括りですが)であれば問題無いけれど微妙な色のニュアンスであったり意図がわからないものであれば当然ながらこちらの感覚で修正することは出来ませんのでお客様の方で特色にデータを作製し直していただく必要があります。

仮に弊社の方で修正ということになる場合も、その作業量に応じた編集代は別途ご請求という形にもなりますので、気を付けていただきたいところでございます。

この手の話は、例えば当初はR4Cの掛け合わせで印刷する予定だったものが予算の関係で特色2色になったり、あるいは難しい色の組み合わせを、より安定した品質のために特色で印刷する。
というようなことを打ち合わせの上では決まっていたのに、それがデザイナーさんにまでしっかりと認識を共有できていなくて当初のままR4Cにてデザインを作ってしまってそれが入稿される。
という事態で起こり得ます。

なので途中で何度も見積もり条件が変わったりすれば、それだけ発生しやすくなると言えます。色々考えているうちにうっかり抜け落ちることの無いよう気を付ける必要があります。

パッケージデザインの追加の編集料金がかかる案件②

さて2つ目は先の話とは少し違って、改版時の話です。
パッケージデザインは何度もリピートしていくうちに改版がかかることも良くあります。

それは商品のイメージを一新するための大規模な改版であったりあるいは原材料が少し変わった・発売元の住所等が変わったなどの一部分だけでの改版であったりと理由は様々ですが、さてこの場合編集の料金が大きくなるのはもちろんですが大規模な改版の方になります。

というより住所等が変わる程度であればご依頼いただければこちらで編集し、それをPDFなりで送信。ご確認いただく。という作業が可能ですので、費用的にも時間的にも効率的かと思います。

他にも最近では特色で店の名前を印刷していた部分を白抜きにする→色を一色減らす。という作業も行いました。基本的に文字等を減らすだけ、独立した色を一色削除するだけ。などであれば十分こちらでも対応可能です。

しかしこれらもCTPの版が主流となりデータから直接出力できるからこそのものであり、フィルムでの刷版が主流だったころには削ることは出来ても足すことは手間のかかる作業だったようです。

イラストを変えるような改版の場合はそれを弊社にご依頼されるかデザイナーさんにご依頼されるのかは皆様のご判断によるところになりますが、例えば弊社の得意先様の中には、デザインのイメージ元をもってそれをもとに、ここにこれを配置してここにこの柄を足して…
と打ち合わせいただきこちらで作製させていただいている先様もございます。

パッケージデザインの追加の編集料金がかかる案件③

さて次は少し面倒な話になります。
それは入稿いただいたパッケージデザインのデータがそのままでは印刷するにあたり問題が発生することが予見されるものであった場合。あるいはデータに不足があったりする場合です。

それは例えばゴーストが発生すると考えられるようなデザインであるようなら、デザインを変えるかゴーストを起こりにくくするために印刷に使う原紙の寸法を大きくするなどの対策を取る必要があります。

この場合はどちらにせよ費用がかかりますが、現状のままでは良くない印刷仕上がりになりますのでそこは致し方無いところかと思います。

逆にデータの不足であっても紙マークが無い。とか、JANコードの数字が仮のまま、だとかならばそれを修正するだけで済みますので場合によっては料金が発生しないかも知れません。

基本的には作業量の大小によるご請求になりますので、簡単なものであれば弊社等印刷会社に依頼した方が早いかもしれませんが、その場合でもデータの改版したものをデザイナー様まで送ってあげたほうが、後の改版などの時に余計な手間がかかることなく作業できると思います。

パッケージデザインの追加の編集料金がかかる案件④

最後にスミの再校正について少し。

今回は画像があったので使用色はカラー4色のCMYKのみで特色は使用しないという条件で、そのデザインは、簡単に言うと画像の周りに数cm巾の黒枠があるようなものでした。

で、このスミ枠の中に少しスミアミで模様が描かれているようなデザインでした。
※注釈・・・『スミ』=黒色のことで、CMYKの『K』です。

【再校正依頼概要】
①画像がぼやけているのでもう少しハッキリ。
②スミ枠内のスミアミ模様部分はOK.
③スミ枠内のスミ部分(=スミアミ以外)をもっと濃く。

というような内容でした。。。もちろん、現物を見ながらでないと分かりにくいとは思うのですが、デザインをブログでUPするわけにもいかず・・・頭フル回転で想像を働かせてみて下さい(笑)

①は、なんとかなるかもしれないが、元々の色見本とはほぼ一緒だったので、見本と離れる懸念があり、③はすでにスミ100%なので、これ以上濃くしようと思っても難しい。
かといって、インキを盛ることによって濃くすれば①にも②にも影響がでてくるし・・・スミベタ部分だけ、もう1色使って印刷すると、結局特色を使用するのと同じで5色になってしまうし・・・・・とお客様と悩んでいたのですが、ふと思い出したことがありました。それが『スミ下』です。

『スミ下』とは、スミ100%のところにCMYを少しづつ入れることにより、より濃い『黒』を再現できます。

で、今回は修正指示に対し、この『スミ下』を入れるだけの修正を行ったところ、①も全く同じはずなのに、周りが締まることにより、不思議なもので・・・若干ハッキリに見えてくるのです。おかげで気持ちよくOKも頂けました。

是非、この『スミ下』を覚えておいて下さい。
使用する機会が少なくないと思いますよ。ちなみに一般的なスミ下は通常:C40+M30+Y30 です。

パッケージ製造の印刷現場での色の見方について

パッケージ製造の印刷現場での色の見方について

余談としてパッケージ印刷の製造現場にて印刷した色の度合いを見るために使用される蛍光灯について少し紹介させていただきます。

とまあ大げさに前振りしましたが単純に標準的な蛍光灯に比べて自然光に近い光を表現できるというだけなのですが何故わざわざこれを使用するかと申しますと、印刷物は減法混合すなわち周囲の光から特定の色を吸収し他の色を反射することによって色表現を行います。

そのため周囲の光がそもそも偏った光を発していると、その環境の下で色を合わせても偏った光の中では合っていてもそれを外で見てみたら…ということになります。

ですので自然光に近い光源を当てて、そこを基準に色を出して安定した品質の商品に仕上げる。ということを行っております。

また、この自然光に近い蛍光灯を使うことはデータ校正が色見本にならない理由とも意味としては近いものでして、というのもデータ校正ではモニタやパソコン・周囲の環境等がお客様と印刷会社でまったく同じということはほとんど無いことから共通の色認識を持ちづらくそのため色の見本としては使用できない。

ですので本紙校正なり簡易校正なりを行い実際に同じものを見ることによって共通の色認識を持つ。
(データ校正の場合は色の表現方法も違うのでこれだけが理由ではありませんが。)

そして自然光に近い蛍光灯も、使用意図としては自然光を基準とすることでお互いに同じ環境で色を見ることができ、結果商品に対して共通した色認識を持てる。
そして常に同じ光を基準とすることで品質を一定に保つというものもあります。

色の認識は印刷において非常に気をつけなければならない部分であり、お客さまによっては印刷時に立ち合いを希望される方もよく居られるのですが、弊社では印刷の立ち合いも喜んで対応させていただいておりますので、どうしても直接で確かめたいという方や実際に作業している現場を見てみたいという方も是非ご利用いただければ幸いです。

売れるオリジナル化粧箱をデザインするコツ(まとめ)

まとめ

パッケージデザインは、華やかさとかキレイさとかだけではなく、『何を伝えたいか』そして『それをどう伝えるか?』が大事です。

色々なことを全て伝えようとするのではなく、独自(オリジナル)性を強調する1つのコンセプトで統一されたデザインにするべきです。

商品の一番良いところ・一番伝えたいところ・オリジナル性に優れたところを、考えて考えて(この部分は、もうご本人にしか分からないのですから)脳ミソに汗かくくらいに考えてフォーカスしていく必要があります。

そして、たとえ自分が手掛けたデザインだとしても、最終最後にどれだけ客観的に見ることができるか?
という能力を身につけるかが大事です。
一言で!
一瞬で!
オリジナルのメッセージを送れるデザインがベストです。