職場の雰囲気が分かる!社員同士の座談会

【営業座談会】営業同士はもちろん、工場の方にも相談しやすい

Q | 働く前に感じていた不安があれば教えてください。

  • 何か不安と言うより、むしろ何ができるんだというレベル。
    全く分からないような、営業に配属された時には。
    どうなるんだろうなという不安しかなかったですね。

 

  • 私は前職も同業の営業をしておりましたので、そういった不安はあまり無かったと言えば無かったんですけど、人とのコミュニケーションだけしっかり取っていければ良いかなという感じで入りました。

 

  • 印刷とか全くの未経験でしたので、あくまでイメージですけれども、たくさん知識要るのかなとか営業する上でですね。
    そういうことでの不安っていうのは、入社前に持っていたかなという覚えはあります。

Q | 互いの仕事振りについて教えてください。

  • まずは西村さんに関してですが、お客さんに対してもそうですし社内的な対人関係に関してもそうですし、どんどん上手く自分のペースというか自分の仕事に巻き込んでいく・取り込んでいく、というような動き方に非常に長けておられるかなと思って見ています。

    松木さんに関しては、東京で配属が違うので直接的にどうというのは分からないんですけれど、会議とかで定例的に報告会している時にお話なんか聞いていると、すごく詳細にお客さんと密に連絡取り合っているのかなという印象を受けます。

 

  • 芝口くんに関しましては、だいぶ、何年?
    【芝口】11年目です。)
    もうかなりベテランで、うちの会社のエースとしてやってもらっていると思います。
    全ての面で(仕事を)できるようになっていると思いますし、もし良ければ下に部下がついてというような形で頑張って頂けるかと思います。

    松木君の方も東京も所帯少ないんですけど、それこそ部下をつけて飛躍していただきたいなと思います。

 

  • なんだかんだ、かれこれ17年、1番の東京の中でずっと(やって)きてますので
    【芝口】なんか半分達観されたみたいな話し方されてますけど。全然、今、中核ですからね。)
    イメージとして、芝口さんに対しては私はすごく丁寧というイメージがあって、細かい点を丁寧かつ素早く対応してるんだなというイメージですね。

    西村さんに関しては、僕はベテランというイメージ(を持っていて)その中でも、お客さんとの距離の詰め方とかそういったバランスだとか折衝能力ですね。
    そういったところに関しては、すごいなというのをとても以前から感じてますので、見習っている感じですね。
    【西村】ありがとうございます。)

    それぞれ本当に、自分にないものがあるかなと常々感じております。

Q | ケイパックとはどのような会社ですか?

  • ケイパックがどんな会社と聞かれても難しいんですけれども、やはり長く続いてきた会社というところで、持っている履歴やノウハウとかがかなりあるかなと感じているので、お客様からの要望に答えやすいですかね。
    それでかつ営業同士の連携で(分からないことを)教えてもらうっていうのを、ベテランも多いですし。非常に強みがある会社なのかなと思ってます。

Q | 社員同士の連携はどのようなものですか?

  • 営業なので、お客さんに対して納期交渉とかはもちろんするんですが、その上ですごく厳しい納期になってしまうこと、とか非常に加工しづらいような仕様でやらざるを得ない時はあるんですけど、そういうことに関しても現場の方ができる限り頑張ってくださっているというのは、自分自身話したり実際に立ち合ったりしながら実感はしてますので、そういうところは助けて頂いているなということを感じております。

 

  • 私の方は、印刷の営業をやってて分からないことが今の歳になってもどんどんまだ出てくるんですけど、そういった時に誰に聞いても分かりやすく、教えてくれたりとかありますね。
    それとかあと、芝口と似たことなんですけど、お客さんのミスとかで短納期になったものを、出来るだけそれ(要望)に近い形で納品できるようなシステムを作ってもらえてるという、スケジュールを作ってもらっているというのがすごく助かって、やはり大きい会社じゃなくて、これぐらいの規模の会社っていうのはそういうところが強いんだろうって感じます。

 

  • 今、西村さんが言ったように僕もすごく感じていて、営業同士ももちろんそうなんですけれども工場も、これが分からない、これどうしたらいいんだと相談した時に、冷たい対応をされたことが本当にないんですね。
    親身になって真剣にお客さんのことを考えながら色々答えてくれたり考えてくれたりするなっていう(印象)は以前からあって。
    かつ、電話とかで聞いて少し時間経ってから後追いで「こういうのどうかな」と聞いてくれて、要するにその場だけの対応ではなくて、その後も考えてくれてるっていうのをとてもありがたいなと思います。

Q | ケイパックの風土や文化を教えてください。

  • 私が忘れられずにいる一言というのがあって、私が入社当初ですね。
    もともと夜の遅いお客様を担当してたっていうのがあるからか、それとも私自身の生活環境なのかは分からないですけど、比較的夜に仕事したがる傾向があって、残業時間がだんだん積まれていくんですけど。
    以前に言われたことで
    「ケイパックを勝手にブラックにするな」
    と言われて、いい会社だなぁと非常に思ったのと、あと色んな会社さんの話聞いてる中で、うちの会社の本当にいいところだと僕は思ってますね。
    【芝口】 五時半に帰るのが目標ですからね。あんまり(他には)なかなか無いと思うんですけど。)

    それが目指せる、許されるというか当たり前の考え方っていうのはすごく良いことだと思うので、こういうのは皆に知って欲しい。
    【芝口】 先輩方がまだ(仕事を)やっている時に平気で「お疲れさまでしたー!」って言って帰ったりしてますね。)

    僕なんかは家族がいるわけじゃないですけど、子供がいるとか、今後(の生活)であったりとかですね。今皆さんが抱えるものはどうしたって(後々)出てくると思うので、そういった中で早く帰れるというのは大事なのかなと思います。

Q | ケイパックの改善点を教えてください。

  • 今後将来に向けて、会社としては若い社員をどんどん入れて活性化して、機械とかも入れ換えて、とかそういったことをどんどんやって頂きたいと思います。

Q | やりがいを感じる瞬間を教えてください。

  • 一つ一つの仕事においては、お客様に喜んで頂けるっていうことを常に考えて(相手の)立場に立って色々考えて、一つ一つの受注できた時っていうのはやっぱりすごく喜びを感じる瞬間です。

Q | 3年後の目標を教えてください。

  • 最初の頃嬉しかったのは、松木に仕事を頼むと良いねって言ってくれるのは嬉しかったんですけども、今ももちろんそれは嬉しいんですけど、目標の一つは「ケイパックっていう会社の松木」っていう風に変わっていけたらなと思っていて。
    10年先20年先もお客さんにいてもらえるような動き方、その頃には僕がヨボヨボになっていたりとかでも、ケイパックのお客様でいてもらえるような動きを、今どんどんやれる企業になりたいなというのを話して、これ(この話)が3年後、今よりもそういう風になっていたいなという目標です。

Q | 求職者へのメッセージをお願いします。

  • 営業職をやったことが無くて難しいと思われる方多いと思いますが、私自身できるかっていうか別にできているとも思ってませんし、(このWebページを)見て頂いているということは、少なからず営業に興味を持ってやろうという意欲を持っておられるからかと思いますので、そういう方であればどんどん来て頂いて大丈夫なのかなと思っております。

 

  • 印刷の営業って難しそうなイメージがあると思うんですけど決して難しくなく、またお客様も固定得意先になっていくという形のものがあって、一見様ばかりじゃなくてほとんど八割、九割は固定のお得意様ということで、そちらの方とかとも人間関係を作っていったりして非常に面白い営業だと思っております。
    そういった意味では誰にでもできるし、やる気さえあればできると思いますので、是非頑張りましょう。

 

  • まずは飛び込んでほしいなというのが一番ですね。
    覚えること多そうだとか印刷って難しそうだとか、そういう部分はもちろんゼロではないと思います。
    ただそれって、そこを越えると楽しく仕事できるかなというふうに思っているので、僕は印刷・パッケージというのを勧めたいなという風に思っていますので、ぜひ来てみてください。

 

【若手座談会】風通しのいい会社で意見を通しやすい

Q | 働く前に感じていた不安はありますか?

  • やはり未経験なので、知識もなければ実務経験もないので、どこまで入ったあと直ぐに戦力になれるかという不安があったので、最初はやっぱり半年ぐらいはすごくしんどくてそれがやっぱり不安でしたし、後輩がもし入ってきたら今後は素人立場に立って頑張っていきたいと思います。

 

  • 僕はですね、印刷っていうのが全く関わったことのない業界でして、モノづくりとか製造業とかで何かモノを作るというのは経験はいくらでもあったんですけれども、実際に入ってみてもやはりセンスが問われるような仕事でもあったりするので、そのところはちょっと難しいなと思うんですけれども。
    やっていくにつれて、どんどんどんどん分かってきたなって自分でも思える仕事なので、楽しく思っております。

 

  • そもそも営業するつもりが全く無かったということ、できるつもりが全く無かったので、何で営業なのだと思いつつ折角(仕事を)回してもらったのなら頑張ってみようかなということが始まりでしたので、不安しかなかったです逆に。

 

  • 例えば、印刷希望だったのに「お前は営業だ」っていうわけではなく、選べる感じなんですね。

Q | 尊敬する先輩を教えてください。

  • 打ち抜き現場の一番ベテランである緒方さんを私の中で一番尊敬しておりまして、緒方さんは1から10まで全てのものを知ってまして、それを丁寧と言いますか、3年かけてじっくり教えてもらったので、今後の会社のために会社を活性化させたいと思います。

 

  • 社内では春本さんという方なんですけれども、印刷に関してはプロ中のプロでして、この人について行ったら絶対に間違いはないと僕自身思えるほど、人としても仕事としても尊敬しております。

 

  • 尊敬する先輩ということで、僕としては宮嶋さんという方を挙げます。
    営業に配属されてから半年ほどみっちりと付いて回らせて頂きまして、営業のノウハウとか諸々、人としての接し方等々を含めて、社会人としてもまだまだ未経験でしたのでそのあたりの事も含めて、丁寧に教えて頂きましたので、私ももし後に入ってこられる方がいらっしゃるのであればできる限り教えてあげたいなと思っております。

Q | ケイパックとはどのような会社ですか?

  • まず人間関係的には、基本どの会社もいざこざあったんですけど、ここ本当になくてすごく仲良くて。仲良いからダレることもあったんですけど昔は。
    メリハリをつけ出してから生産性も上がりましたし、人間関係的には申し分ないですし、仕事内容的にも残業が無いっていうのが強みだと思うので。
    (残業が)全く無いのはすごく心にも余裕ができて、人間関係よし、残業無し、完璧だと思うので。休日も来年増えるという噂聞いてるので、期待しています。

 

  • やはり風通しのいい会社で意見を通しやすい、意見をよく聞いてくれる会社なので、言いづらいなということをそんなにこの会社で感じたことがないんですよ。
    風通しも良くて仲が基本的にはいいんで、人間関係で不安になることはおそらく生み出してないんじゃないかなと思っております。
    仕事に関しては、難しいところとかもあるんですけれどもやっぱり毎日同じ仕事が流れてくるわけではないので、たくさん色んな仕事に携われる、一貫生産の会社なので色んな事が経験できるという部分では、かなりこの会社の強みなのではないかなと思います。

 

  • そうですね、お二人も仰っているように風通しというのはすごく良い会社で、営業の事務所なんかは営業の列につながる一番後ろの席に社長及び専務の席がありまして
    何かあったら、すぐ2,3歩歩くだけで社長なり専務なりに話しに行くことができますし、相談することもできますしその時に邪険に扱われることも全く無く「ここはこうだよ」とご返答頂けますので、分からないなっていうことに対して不安がる必要はないのかなと思ってます。

Q | ケイパックの風土や文化を教えてください。

  • ケイパック独自と言いますか「一貫製作」というのがすごく貴重な会社といいますか、もちろん他社にもいっぱいあるんですけども、数が少ないかなという印象がありまして。
    印刷から抜き・貼りというところまで一貫できるので営業から仕事をもらったらスピーディーにできる、ということが風土といいますか、会社の特徴ではあります。

Q | ケイパックの改善点を教えてください。

  • そうですね、お二人も仰っているように風通しというのはすごく良い会社で、営業の事務所なんかは営業の列につながる一番後ろの席に社長及び専務の席がありまして
    何かあったら、すぐ2,3歩歩くだけで社長なり専務なりに話しに行くことができますし、相談することもできますしその時に邪険に扱われることも全く無く「ここはこうだよ」とご返答頂けますので、分からないなっていうことに対して不安がる必要はないのかなと思ってます。
  • 了解しました。
  • すぐ言います。

Q | 今だから言える失敗談はありますか?

  • 失敗というのは、もうあげたらキリがないくらいにしておりまして、特に言うと、印刷には「色ムラ」というものが少なからず起こるんですけれども、お客様の要望から外れてしまうことっていうのももちろんあったりしまして。
    芝口さんには大変それでご迷惑をおかけしてしまっているんですけれども、そこはオペレーターの力量になってきますのでオペレーターの力量と営業さんとのやり取りをもっと密にしていかなくてはと最近痛感しております。

Q | やりがいを感じる瞬間を教えてください。

  • (街中で)これやった製品だなというのを見かけた時はやっぱりやりがいを感じますし、仕事を例えばどれだけ多く入れられても定時で終わらせるぞっていう生きがいを持って、実際にやっていると意外と四時前とかに終わってしまうので、そういった時にはやはり自分がこんだけ成長したなといいますか、そういう時にやりがいを感じます。

 

  • 僕が前に勤めていた会社で梱包してたりとか出荷してたりしていた箱が、まさかのうちの会社でパッケージ制作をしておりまして、入社するまで実はそれに気づかなくて、その原稿が回ってきた時にびっくりしまして。
    この箱ってここで作られてたんやっていうのとこういうふうに箱って作られてたんやって。
    こんなに苦労があって僕らの手元まで届いてたんやなっていうのがあって、初めて僕がその印刷に携わって完成品を作った時は感動しました。

 

  • そうですね。
    お客さんから依頼で「こういう箱を作りたい」というお話を頂いて、それを打ち合わせしている中で具体的な形にしていく過程、それが「じゃあこういうのいいね」っていう話になって、その見積もりも通っていきましょうか、というふうに道筋立てて一つの仕事として受注するところまでいければ、それはそれでやりがいを感じてます。

Q | 最後に求職者へのメッセージをお願いします。

  • 極力、僕ら同世代と言いますか、30代ぐらいが一番ベストではあると思うんですけど、世代交代しても問題なくいけるように。
    本当に平和な会社なのでもう、声を大にして言いたい。人が欲しいです。

 

  • 色んな仕事ができます。
    このまま仕事向いてないなと思ったら、また別の他工程に移ったりとかも全然考えてくれる会社なので、向き不向きっていうのはまだまだ入社してから(分かる)。僕は損はさせないので、是非入ってきてください。

 

  • これを見ておられる方は営業を希望して見ておられるか分からないんですけれども、今から仕事をしようという意欲を持って見ておられるような方だと思いますので、
    それくらいの意欲と真面目さがあるのであれば一回入って頂ければ、指導等は皆さん丁寧にやって頂けますので問題無いのかなと思いますので、よろしくお願い致します。
採用応募フォームはこちら