SDGsから包装を考える~紙製パッケージの必要性~
SDGs(持続可能な開発目標)ということで国連が掲げる“より良い世界を目指す”国際的な目標に関心が高まる中、包装の分野においても様々な動きがみられます。

特に注目されるキーワードが『脱プラ(脱プラスチック)』

これまでプラスチック製の包装資材を取り扱っている商品に関して、他の環境にやさしい素材で代替できないのかという関心は高まっております。

包装関連資材の中にあるパッケージの分野においてもこの動きは同様で、クリアーケースやプラスチック製のトレー、他にも軟包装と呼ばれる“袋”に関しても代替品がないかという関心は後を絶ちません。

このような動きから我々紙製パッケージを取り扱うメーカー『株式会社ケイパック』の体制をここにまとめました。

SDGs(持続可能な開発目標)とは

SDGs logo

そもそもSDGsとは何でしょうか。

外務省のホームページには次のようにあります。

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

(引用:SDGsとは| JAPAN SDGs Action Platform | 外務省

※SDGsのことをより詳しく知りたい方は『ビジネスでSDGsを実現する企業の為のSDGsメディア』を参照されると良いと思います。

SDGsにおいては次の17のゴールが目標として掲げられています。

Goal 1
あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせる

Goal 2
飢餓を終わらせ、食料安全保障及び栄養改善を実現し、持続可能な農業を促進する

Goal 3
あらゆる年齢の全ての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する

Goal 4
全ての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進する

Goal 5
ジェンダー平等を達成し、全ての女性及び女児の能力強化を行う

Goal 6
全ての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する

Goal 7
全ての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する

Goal 8
包摂的かつ持続可能な経済成長及び全ての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する

Goal 9
強靱(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る

Goal 10
各国内及び各国間の不平等を是正する

Goal 11
包摂的で安全かつ強靱(レジリエント)で持続可能な都市及び人間居住を実現する

Goal 12
持続可能な生産消費形態を確保する

Goal 13
気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる

Goal 14
持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する

Goal 15
陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処、並びに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する

Goal 16
持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、全ての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な制度を構築する

Goal 17
持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

(引用:『持続可能な開発目標(SDGs) – 総務省』から抜粋)

先に示した17のゴールの中でも我々のような包装資材を取り扱うパッケージメーカーが意識すべきは

Goal 12
持続可能な生産消費形態を確保する

Goal 14
持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する

Goal 15
陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処、並びに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する

この3つでお客様の意向に沿ってこれらの目標達成に少しでも貢献できるようにと考えております。

SDGsが持つ目標に添った脱プラへの取り組み

脱プラ新聞記事

2020年10月26日(月)読売新聞の夕刊では『伝統素材脱プラで再注目』と題して次のようなものが取り上げられていました。

【経木で包装】梶尾木工所(和歌山県)

地元では「薄板」と呼ばれ、もともとは経文の書写に使用され江戸時代以降は食品包装として用いられてきた経木が素材。

抗菌性や通気性、吸水性に優れており、おにぎりや肉、魚などを包むと傷みにくいとされている。

近年の環境意識の高まりもあり和菓子や納豆業者からの引き合いもある。

【麦ストロー】福井大麦倶楽部(福井県)

プラスチック製のストローの代わりにと「麦ストロー」をアピール。

刈り取った麦わらを乾燥させた後、18~20cmに切って→消毒→完成。

においもなく、ソフトな口さわりで環境のことを考えて買い求める人が多いそうです。

ちなみに、ストローとは麦わらを意味する英語で国内でもあつては麦の茎がストローとして使われていたということです。

【蜜蠟ラップ】aco wrap(京都府)

蜜蜂の巣に含まれる蜜蠟や常緑低木ホホバの種から搾ったホホバオイルなどを木綿の生地に染み込ませたラップ「aco wrap」。

自然材料を活用した新製品として注目を集めている天然ラップです。

しっとりとした肌触りで手で温めると温かくなり、野菜の切り口を覆ったり、器の蓋代わりに使ったりできます。

繰り返し使える利点があり、環境への関心が高い女性らの間で好評だそうです。

これらのように(一部資材とは異なりますが)SDGsが持つ目標に添ったパッケージが改めて注目されたり、新しく現れたりしています。

脱プラパッケージだったら貢献?

FSC認証

それでは、私どものような紙製パッケージを取り扱うメーカーには何ができるのでしょうか。

紙製だから単純に脱プラになっているのでOKというわけではありません。

たとえ紙製であってもその素材は色々あり、環境という観点から考えると素材の選定に配慮することは環境に対する大きな貢献の1つとなります。

そして、素材選定の1つの目安となるのが『FSC®森林認証製品』となります。

FSC®森林認証製品とは

適切な森林管理が行われていることを認証する「森林管理の認証(FM認証)」と森林管理の認証を受けた森林からの木材・木材製品であることを認証する「加工・流通過程の管理の認証(CoC認証)」の2種類の認証制度です。 NPOであるFSC(Forest Stewardship Council®:森林管理協議会)が運営する国際的な制度です。

【引用:FSC認証制度(森林認証制度 – 環境省)

紙製パッケージメーカーとしてこのFSC®森林認証製品の材料を使用するためには

・パッケージメーカーがFSC認証を受けていること
・(加工を外注する場合)外注加工先との業務提携ができていること
・FSC認証を受けている紙屋さんから材料を仕入れること

が必要になります。

そして、弊社 株式会社ケイパックは本項の冒頭にあります画像の通りFSC認証を受けました。

既に数点のパッケージおいてFSC認証の資材として受託生産を開始しております。

私どもは脱プラのために紙製パッケージを提案するだけでなく、さらに1歩進んだFSC認証を得たパッケージの活用を推進しております。

FSC認証の手続きには多少時間と労力を要しますが、大きく資材コストが変わるものではありません。

企業として環境に関心をお持ちならFSC認証の資材の活用をご検討ください。

まとめ

ということで、関心が高まる環境に対する取り組みとして『SDGsから包装を考える~紙製パッケージの必要性~』というテーマでお伝えいたしました。

国際的に環境に関する意識が高まってきており、国連主導で17のゴールを掲げたSDGs(持続可能な開発目標)が浸透しております。

パッケージを含む包装資材関連でも環境に配慮したパッケージが脚光を浴びており、色々な脱プラ包装資材が改めて注目を浴びたり、新たな脱プラ資材として日の目を見たりと活発な動きをみせているのですね。

そんな中で我々紙製パッケージメーカーとしては単に脱プラというだけでなく紙製であってもFSC認証を受けているパッケージを利用することで環境に大きく貢献できると考えております。

FSC認証を受けているパッケージを受託生産するには自社の認証だけでなく、外注先との提携や仕入れ先のFSC認証も必要ということで、これらのハードルを越え、弊社 株式会社ケイパックもFSC認証を受けました。

企業として環境に関心をお持ちならFSC認証の資材の活用をご検討ください。